「郵政民営化法案は否決、まもなく解散か」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
Linkfix
(脱字(横ばい))
(Linkfix)
 
{{郵政民営化}}{{2005年衆議院解散・総選挙|ゆうせいみんえいかほうあんはひけつまもなくかいさんか}}
{{日付|2005年8月8日}}
内閣が提出した[[w:郵政民営化|郵政民営化]]法案は、8日午後1時から開かれた参議院本会議で17票差で否決された。議員の動向調査で、前週末から否決が濃厚だった。採決を官邸で見守っていた小泉純一郎内閣総理大臣は、自民党の臨時役員会で、午後3時から臨時閣議を開き解散詔書を閣議決定することを表明した。
 
投票は午後1時32分に始まった。結果は、賛成108票、反対125票で否決だった。自民党執行部は非賛成議員に働きかけを続けてきたが、賛成に転じた自民党の議員、いわゆる「逆造反」はいなかった。山内参議院議員(自民党)が欠席届けを出して本会議を欠席した他、自民党の4議員が途中退席、2議員が出席したものの投票しなかった。一方、野党各党の議員は一致結束して反対票を投じ、退席はなかった。
11,841

回編集

案内メニュー