「ウィキニュース:カテゴリの構成」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(かきかけ)
 
(→‎カテゴリとは: 脇から)
カテゴリは、定められた記述をページの記述の中に入れることによって、特定のページからそのページへのリンクを作製する機能です。具体的には、<pre>
[[Category:○○]]
</pre>という記述を、ページの一般の記述の中に混ぜると、その記述はその場から消えには表示されず、その代わりにそのページの端(下など)に「カテゴリ: ○○」のような表示が現れます。同時に、「○○」は「Category:○○」というページに、このページへのリンクが作製されとなります。一般同時に、ページ「Category:○○」には、多くのページを一覧するへのリンクページを作製するために使われます。たとえば、航空機に関連の深いページに<nowiki>[[Category:航空機]]</nowiki>と記述し、「Category:航空機」というページにそれらのページを一覧表示する、などです。
 
:カテゴリを記述することを、一般に「カテゴリを貼る」と言います。
:Category:一般には、多くのページへの普通のを一覧するリンクページを作製するため使われます。たとえば航空機に関連の深いページに<nowiki>[[:Category:○○航空機]]</nowiki>のようにと記述しCategoryの前に : 航空機」というページにそれらのページ付けま一覧表示する、などです。
:カテゴリを記述することを、一般に「カテゴリを貼る」と言います。
:Category:のページへの普通のリンクを作製するには、<nowiki>[[:Category:○○]]</nowiki>のように、Categoryの前に : (半角)を付けます。
 
また、ウィキニュースでは、[[メインページ]]などで記事の一覧を作製するために、[[ウィキニュース:DynamicPageList|DynamicPageList]]という機能を使います。この機能で記事を抽出するためにも、カテゴリが使われています。
11,841

回編集

案内メニュー