沖縄で最大震度5弱の地震を観測

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
削除依頼中

このページ、「沖縄で最大震度5弱の地震を観測」は削除の方針に従い、削除依頼に出されています。削除についての議論は削除依頼を参照してください。

気象庁、沖縄タイムス、NHKのリンク切れ、執筆より3ヶ月以上経過しており、ニュース性が欠けているとして削除もやむなし

【2018年3月1日】

2018年3月1日22時42分ころ、沖縄県竹富町で震度5弱を観測する地震が発生した。震度5弱を観測したのは竹富町西表島で、そのほか竹富町黒島・波照間島で震度4を観測した。震源地は西表島付近、マグニチュードは5.6と推定され、震源の深さは15km、津波の心配はない。震源の付近では、2015年にマグニチュード6.8、2007年にマグニチュード6.7の、深さ30km以下程度の地震が発生している。

NHKによると、沖縄県防災危機管理課、竹富町、八重山警察署に被害の情報は入っておらず、また病院に搬送されたりした人もいないということ。また、首相官邸の危機管理センターには政府が情報連絡室を設置している。

その後も、23時11分ころと翌0時32分ころに西表島付近を震源とする、最大震度3の地震が発生している。気象庁は、2~3日程度にわたって規模の大きな地震が発生する可能性があると警告している。

情報源[編集]

この記事は最後の査読を行っています
査読の手順についてはウィキニュース:査読をご覧ください。
公開の準備が整ったら、{{査読中}}テンプレートを{{公開中}}に貼り直してください。