日本、ブロードバンド契約が2000万件を突破

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月1日】

日本の総務省は8月31日、2005年6月末におけるADSLFTTH(光通信)、CATVなどのブロードバンド(高速大容量)インターネット接続の国内契約数が2,058万契約に達し、初めて2,000万契約を突破したと発表した。

とりわけ、ADSLよりも高速に通信できるといわれるFTTHの伸びが著しく、341万契約に達し、先行していたCATVによる接続契約数306万を上回る結果となった。理由としてはFTTHが利用できる地域の拡大が進んでいることが考えられる。

一方、ADSLを始めとするDSLは1,408万契約と、ブロードバンド接続契約数全体の約7割を占めているが、伸び率は鈍化している。利用できる地域の拡大が一段落したことに加え、FTTHへの切り替えが行われていることが理由として考えられている。

出典[編集]