悲劇の京都アニメーション放火事件

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

記事の体裁が整っていない。情報源のリンク切れ。

【2019年7月30日】

2019年(令和元年)7月18日、京都府京都市伏見区の、京都アニメーション第1スタジオで、放火・殺人事件が発生しました。死傷者68人(うち死者33人)を出し、平成以降最悪の放火事件とも言われている。[1]

京都アニメーション第1スタジオを放火したとされている容疑者は、埼玉県さいたま市見沼区在住の青葉容疑者です。 犯行の手法は、ガソリンを施設に撒き、持っていたライターで火を付けたとされている。 事件発生後、青葉容疑者は、全身に火傷を負い重症だったが、現在は回復しつつある。
青葉容疑者は、事件を起こす数日前に、さいたま市から京都市に移動し、第1スタジオを訪ねたあと、「京都アニメーションの聖地」とも言われる京都府宇治市を巡回していたことが分かっている。[2] 朝日放送によると、事件の動機について「自分が書いた小説をパクられたから」と述べていて、容疑者宅からは、小説を書く際に使われたと見られる原稿用紙が押収されている。実際に、青葉容疑者と同姓同名の名前で小説の作品が応募されているが、[3]落選に終わっていた。
捜査は、今なお、続けられている。

この事件に対して、犯罪心理学の専門家は、「青葉容疑者は反抗を迷っており、誰かが止めてくれれば、犯行は未然に防げたかもしれない」と述べている。

情報源[編集]

文中の外部リンク参照。

この記事は最後の査読を行っています
査読の手順についてはウィキニュース:査読をご覧ください。
公開の準備が整ったら、{{査読中}}テンプレートを{{公開中}}に貼り直してください。