広島の平和記念式典に5万5,000人

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月6日】

原子爆弾の投下から60年にあたる8月6日、広島市中区の平和記念公園で開かれた「原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」が、約5万5,000人が参列して開かれた。

式典は午前8時に始まり、投下の時刻にあたる8時15分には遺族代表が平和の鐘を鳴らし、黙祷が行われた。

式典には、小泉純一郎首相、イランの駐日大使を含む33ヶ国の政府代表、都道府県の被爆者代表43人、米国、韓国、ブラジル在住被爆者(胎内被爆者を含む)とその遺族10人などが出席した。


出典[編集]