岩手県沖で地震 青森県で震度5弱 M5.6

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2020年12月13日】

12月12日16時19分頃、岩手県沖の深さ48kmを震源とするマグニチュード5.6(暫定値)の地震が発生し、青森県階上町で最大震度5弱を観測した[1]津波の心配はない。メカニズムは、東西に圧力軸をもつ逆断層型と推定されている[1]気象庁は、今後約1週間は震度5弱程度の余震に注意するよう、呼びかけている[2]。また、今後約2、3日は同程度の地震に注意すべきだという[2]。青森県で震度5弱を観測したのは2019年12月以来であり、この時も階上町で震度5弱を観測した[2]。なおこの地震は、2011年3月の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の余震だとみられている[3]

各地の震度[編集]

震度3以上を観測した地域は以下の通り[1]

震度5弱

震度4

震度3

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『岩手県沖でM5.6の地震 青森県で震度5弱 津波の心配なし』ウェザーニュース、2020年12月12日。
  2. 2.0 2.1 2.2 『青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」』NHK、2020年12月12日。
  3. 『青森震度5弱、東日本大震災もたらした巨大地震の余震か』TBSNEWS、2020年12月12日。