大会九日目試合結果 - 第99回全国高等学校野球選手権大会

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
削除依頼中

このページ、「大会九日目試合結果 - 第99回全国高等学校野球選手権大会」は削除の方針に従い、削除依頼に出されています。削除についての議論は削除依頼を参照してください。

甲子園球場

最近の記事
本大会情報

【2017年8月19日】

2017年8月17日(UTC+9)、阪神甲子園球場第99回全国高等学校野球選手権大会の九日目・三試合が行われた[1]

大会九日目結果[編集]

第一試合 広陵 対 秀岳館[編集]

第一試合は広陵(広島)と秀岳館(熊本)が対戦[2][3]。広陵が強豪の秀岳館を撃破した[2]

同点で迎えた7回[2]。広陵は一死二、三塁の場面で9番・平元がスクイズを決め勝ち越しに成功し、続く高田誠の二ゴロ[4]で相手守備が処理をミスし、さらに1点を追加した[2]。9回には、3番中村の3ラン(第3号)で秀岳館を突き放した[2]

試合結果[4]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
広陵 0 0 0 1 0 0 2 0 3 6
秀岳館 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
バッテリー (投手 - 捕手)
広陵 平元、山本 - 中村
秀岳館 川端、田浦 - 幸地
ホームラン
広陵 中村(9回表3ラン)
秀岳館 幸地(5回裏ソロ)

第二試合 智弁和歌山 対 大阪桐蔭[編集]

第二試合はともに春夏連覇の経験がある智弁和歌山(和歌山)と大阪桐蔭(大阪)が対戦[5][6]。史上初の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が智弁和歌山に競り勝った[5]

大阪桐蔭は同点で迎えた7回に二死三塁の場面で、智弁和歌山の二番手・平田が暴投し、三塁ランナーが還って逆転[5]、これが決勝打となった。智弁和歌山は大阪桐蔭よりも多い12安打でチャンスを演出したが、4回に取った1点どまりの拙攻で敗れた[6]

試合結果[7]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
智弁和歌山 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
大阪桐蔭 1 0 0 0 0 0 1 0 x 2
バッテリー (投手 - 捕手)
先行 黒原、平田 - 蔵野
後攻 徳山 - 福井

第三試合 仙台育英 対 日本文理[編集]

第三試合は仙台育英(宮城)と日本文理(新潟)が対戦[8][9]。投手戦となった試合は、1点を守り切った仙台育英が制した[9]

仙台育英は2回に一死一、三塁の場面で8番・斎藤のサードゴロの間に1点を先制し、エースの長谷川がこの1点を守り切って完封勝利を果たした[8]。今季限りで退任を表明していた日本文理の大井道夫監督の最後の夏が終わった[8]

試合結果[10]
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本文理 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
仙台育英 0 1 0 0 0 0 0 0 x 1
バッテリー (投手 - 捕手)
日本文理 稲垣 - 牧田
仙台育英 長谷川 - 渡部、阿部

情報源[編集]

  1. 『大阪桐蔭が3回戦へ=仙台育英と広陵も-全国高校野球』時事ドットコム、2017年8月17日17時05分。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 『プロ注目の広陵中村が大会3号、V候補・秀岳館破る』日刊スポーツ、2017年8月17日12時04分。
  3. (共同) 『広陵、秀岳館下し3回戦へ 中村が大会3本目の本塁打』日本経済新聞、2017年8月17日12時09分。
  4. 4.0 4.1 『【2回戦】広陵(広島) - 秀岳館(熊本)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月17日。
  5. 5.0 5.1 5.2 『大阪桐蔭、春夏連覇へ智弁和歌山との名将対決制した』日刊スポーツ、2017年8月17日15時44分。
  6. 6.0 6.1 『智弁和歌山、一歩及ばず=高校野球』時事ドットコム、2017年8月17日18時51分。
  7. 『【2回戦】智弁和歌山(和歌山) - 大阪桐蔭(大阪)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月17日。
  8. 8.0 8.1 8.2 『仙台育英・長谷川完封16強!日本文理・大井監督幕』日刊スポーツ、2017年8月17日16時58分。
  9. 9.0 9.1 『仙台育英、投手戦制す=高校野球・仙台育英-日本文理』時事ドットコム、2017年8月17日18時10分。
  10. 『【2回戦】仙台育英(宮城) - 日本文理(新潟)』朝日新聞DIGITAL、2017年8月17日。


この記事は最後の査読を行っています
査読の手順についてはウィキニュース:査読をご覧ください。
公開の準備が整ったら、{{査読中}}テンプレートを{{公開中}}に貼り直してください。