バレーボール元日本代表らを、覚醒剤密売容疑で逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年6月8日】

Wikipedia
ウィキペディア高橋智則に関する記事があります。

読売新聞産経新聞によると、大阪府警薬物対策課は6月8日UTC+9)までに、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の容疑などで、バレーボール日本代表で無職の高橋智則容疑者(36歳)ら男7人を現行犯逮捕し、別の男9人を逮捕した。

産経新聞によると、同課は、逮捕した16人は、大阪市西成区密売活動をしている3グループに所属していると見ており、高橋容疑者の自宅など関係先3カ所から覚醒剤計約22.5グラム大麻計約111グラムを押収した。

読売新聞によると、同課の発表では、高橋容疑者は同日午前9時頃に、大阪市都島区内のビジネスホテルで、密売目的で少量の覚醒剤をセカンドバッグに隠し持っていた疑いが持たれている。同府警は、密売グループの拠点と見ていたホテルの一室を捜索した直後に、高橋容疑者が部屋を訪れたという。

読売新聞によると、高橋容疑者は「売るために所持していたのではない」と、営利目的での所持を否認しているが、同府警は、高橋容疑者が密売グループの一員と見て追及する方針である。

読売新聞によると、高橋容疑者は、1996年からVリーグ(現・プレミアリーグ)の新日鉄ブレイザーズ(現・堺ブレイザーズ)やJTサンダーズなどに所属、全日本代表にも選ばれ、2006年に現役を引退した。

情報源[編集]