バグダッド 橋の上で集団パニック、数百人が死亡か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月31日】

現場付近の地図(図右上赤表示はカズミヤ・モスク)
チグリス川にかかる橋、イラク・モスルで撮影(参考)

イラクのバグダッドで、橋の上で押し合いが起こり、数百人が死亡したと各報道機関が伝えている。チグリス川にかかる橋の上の柵を超えて、多数の人が川へ転落したと、BBCは伝えている。原因は不明であり、報道は相互に矛盾している。

報道機関の伝える死亡者数には大きな揺れがある。 ロイターは640人が死亡したと伝え、AFP通信は630人以上が死亡したと伝えている。AP通信は308人が死亡と伝える一方、600人が死亡した可能性があるとも伝えている。CNNは、585人が死亡し、237人が押し合いにより負傷、ほか50人が近くのモスクで食中毒のため死亡したと伝えている。

川からはいまだに遺体の引き上げが続いており、バグダッドの当局者は死亡者の数が今後増えることを予測している。

転落した人々は、イスラム教十二イマーム派の殉教者ムーサー・カーズィムの殉教を記念するため、シーア派のカズミヤ・モスクに行くところだった。

いくつかの報道は、押し合いは自爆テロ計画者がいるといううわさによって起こったと伝えている。群集は最大で100万人いたと伝えられている。別の報道では、榴弾が4発から6発打ち込まれ、それによって市民がパニックに陥ったと伝えている。

英語版ウィキニュースからの翻訳に基づきます。

出典[編集]